しわの種類と原因
2018.11.30

肌の乾燥がシワの原因に!保湿ケアでシワ対策

年齢を重ねるにつれて肌のうるおいが不足し、シワに悩まされる人は多いでしょう。見た目年齢にも影響するシワは、さまざまなアプローチで対策できます。保湿ケアや内側からのケアなど、シワの原因である乾燥への対策方法をご紹介します。

乾燥とシワを気にする女性

「なんだか最近、肌がパリパリに乾燥する」「よく見たら目元に小ジワまで…」と、年齢とともに肌の乾燥を感じるようになりますよね。乾燥が続くと小ジワだけでなく、深いシワへとつながっていくケースがあります。うるおい肌を保って、シワをよせつけない肌を目指しましょう。その方法をご紹介します。

乾燥が原因でできるシワとは

私たちの肌は上から、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。肌の乾燥に関わっているのは、表皮のいちばん外側にある「角層」という部分。角層の水分量が10%以下になると乾燥を感じ、肌は硬くゴワついて、ちりめん状の細かいシワが見られるようになります。

角層は肌内部のうるおいを保つほか、外部からの刺激を防ぐ「バリア機能」を担っています。バリア機能を働かせるには、角層のうるおいが不可欠。肌が乾燥すると角層に隙間ができ、バリア機能が低下してしまいます。

バリア機能の低下が深いシワを招くことも!?

バリア機能が低下すると、紫外線が肌の奥まで進入しやすい状態に。表皮を通過して真皮にダメージを与えます。真皮には弾力線維であるコラーゲンがあり、ふっくらとした肌の土台を維持しています。しかし、紫外線の影響でコラーゲンが変性すると、弾力が失われ、表皮を支えられずにシワができやすくなります。

肌が乾燥する原因

シワの原因となる肌の乾燥は、さまざまな要因で引き起こされます。ここでは、主な要因を3つ紹介します。

1.加齢

年齢を重ねるとともに、角層の水分を保持するセラミド、NMF(天然保湿因子)などのうるおい成分が産生されにくくなります。

2.湿度の低下

湿度の低い環境では、角層の水分が奪われやすくなります。冬の乾いた空気はもちろんですが、室内でも油断は厳禁。エアコンにより湿度が低下するので、夏であっても乾燥することがあります。加湿器を使用したり、濡れたタオルをそばに置いたりするとよいでしょう。

3.間違ったスキンケア

本来は肌をすこやかに保つためのスキンケアも、間違ったやり方では乾燥を引き起こす原因になります。

特に洗顔やクレンジングのときは要注意。汚れをしっかり落とそうと、肌をゴシゴシこすっていませんか?肌をこすると角層を傷つけ、うるおいが流出しやすくなります。また40度以上の熱いお湯で洗うと、肌表面を保護している皮脂を取りすぎてしまうことがあります。

乾燥シワを目立たなくするスキンケア

乾燥による浅いシワは、肌にうるおいを与えることで目立たなくなります。さらに、うるおいを守るクレンジング・洗顔も重要です。

刺激しすぎないクレンジングと洗顔

クレンジングを行うときは、使用量を減らさないことがポイント。適量を守って使うと、汚れとすばやくなじみ、指のすべりもよくなって、肌をこすらずに落とすことができます。ついクレンジングのついでにマッサージをしたくなるかもしれませんが、クレンジングに時間をかけると乾燥の原因に。汚れとなじんだらすばやく洗い流しましょう。

洗顔もできるだけ肌に刺激を与えないように行います。洗顔料をたっぷり泡立てて、こすらずにやさしく洗いましょう。すすぎは人肌程度のぬるま湯で丁寧に。すすぎ後もタオルでこすらず、やさしく押さえるように水気を取ります。

洗顔後はなるべく時間をおかずに、すばやく保湿ケアを行いましょう。

保湿ケアを丁寧に

「乾燥は気になるけれど、肌がベタつくのはイヤ」という人は多いですよね。化粧水をたっぷりつけて乳液の使用量を減らすなど、自己流のケアをしていませんか?使用量が少ないと角層のすみずみまでいきわたらず、長時間うるおいを保てないことがあります。化粧水と乳液は、適量を守って使いましょう。そのためには、心地よいと感じる「使用感」にこだわって化粧品を選ぶのもポイントです。

また乾燥によるシワが気になるときは、保湿成分が凝縮された保湿美容液をプラスするのもおすすめです。

紫外線対策で深いシワを予防

紫外線は日焼けやシミだけでなく、乾燥やシワの原因に。とくに紫外線の影響でできる真皮のダメージが原因のシワは、保湿ケアでは改善できません。季節によって照射量の変動はありますが、紫外線は1年中降り注いでいるもの。1年を通して日焼け止めなどを使用し、紫外線から肌を守りましょう。

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、特に注意したいのが真皮まで到達するUV-A。洗濯物を干すとき、ちょっとベランダにでるときなどに浴びやすく、「生活紫外線」とも呼ばれています。厚い雲や窓ガラスも透過することがあるため、室内にいても油断は禁物です。

一方のUV-Bは、日焼けやサンバーン(炎症を起こして赤くなること)などの原因になり、「レジャー紫外線」と呼ばれることがあります。

日焼け止めに記載されているSPFは、UV-Bを防ぐ目安。PAはUV-Aを防ぐ目安です。通勤や買い物などの日常生活で使用するなら、SPF20~30、PA++~+++を選ぶとよいでしょう。夏に屋外で長時間過ごす人、炎天下のレジャーなどでは、SPF50~50+、PA+++~++++がおすすめです。

使用量が少ないとムラづきの原因になってしまうので、適量を使うことが大切。1度塗ったら、同じ量を重ね塗りするとよいでしょう。

乾燥やシワを防ぐスキンケアの基本は、やさしい洗顔、保湿、紫外線対策の3つ。さらに生活習慣にも気を配って、内側からうるおう肌を目指しましょう。

うるおい美肌に導く生活習慣

栄養バランスの偏った食事や睡眠不足など、不規則な生活は乾燥の原因になります。できることから少しずつ見直してみませんか?

睡眠の質を上げる

就寝してから約3時間までにぐっすり深く眠ることができると、肌ダメージを修復する成長ホルモンの分泌が活発になります。そのためには、就寝前に脳を興奮させないことがポイント。軽いストレッチを行ったり深呼吸したり、自分が好きなこと・リラックスできることをして過ごしましょう。ハラハラ・ドキドキするような、本やテレビは避けてくださいね。

また寝る前のアルコールは、途中で目覚めることが増えてしまいます。飲むときは食事と一緒に楽しみましょう。

美肌をはぐくむ食事

美容と健康のために理想的な食事は、さまざまな栄養素をバランスよく摂ること。難しく考えず、なるべく食卓が「色とりどり」になることを意識しましょう。

野菜や果物にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれますが、それだけでは十分な働きは期待できません。肌をつくる材料になるのはタンパク質。肉や魚、卵、大豆、乳製品などに豊富に含まれています。野菜サラダだけでなくこれらもきちんと摂りたいですね。

まとめ

肌の乾燥や乾燥による浅いシワは、やさしく丁寧なスキンケアを行うことで対策できます。また、毎日の紫外線対策や食事、睡眠といった生活習慣も、うるおい肌を保つために大切なこと。深いシワができる前にコツコツ継続していきましょう。

「しわの種類と原因」の関連情報