しわの種類と原因
2018.10.18

表情のクセでシワが戻らない…。できたシワの改善と予防

表情ジワは、コラーゲンの減少による真皮の衰えが原因です。表情ジワをつくらないためには、毎日のスキンケアによる予防が大切。すでにできてしまった表情シワにも、シワを改善する薬用化粧品を使うことで改善できることもあります。

表情じシワを気にする女性

笑ったり、怒ったりしたときに、目尻や眉間にうっすらと現れるシワ…。こうした「表情ジワ」は、表情が豊かな証といえるもの。シワをつくりたくないからといって、無表情でいたら魅力が半減してしまいますよね。

表情ジワをつくらないためには、日ごろからの予防が大切。また、すでにできてしまった表情ジワも、スキンケアで改善できる場合があります。

表情のクセによるシワとは

眉間や額によく見られる「表情のクセによる表情ジワ」は、どうしてできるのでしょうか。

私たちの肌は3層構造で構成されており、上から表皮・真皮・皮下組織となっています。そして、もっとも下に位置する皮下組織のさらに下には、「表情筋」が存在しています。

この表情筋は、目や鼻、口などを動かすときに使われ、豊かな表情をつくるうえで欠かせない筋肉です。しかし、表情筋を動かすときに肌も同時に引っぱられてしまうため、どうしてもクセが付き、シワとなって現れてしまうのです。

真皮が衰えると表情ジワが定着

このように、表情筋の動きによってできる表情ジワですが、若いときにはクセがつくことなく、すぐに元通りになっていたはず。表情が豊かな子どもたちに、表情ジワは見当たりませんよね。では、なぜ大人になると表情ジワが定着しやすくなってしまうのでしょうか。

シワの定着には、「真皮」の衰えが関係しています。表皮の下にある真皮には、コラーゲンやエラスチンといわれる弾力のある線維状のタンパク質が張り巡らされ、ベッドのマットレスのような構造になっています。この構造があることで、肌のハリや弾力が生み出されているのです。

しかし、加齢や紫外線などの影響で真皮内のコラーゲンやエラスチンが減少してしまうと、真皮が表皮を支えきれなくなり、凹んだ部分がシワとなって現れてしまうのです。

表情ジワを改善するスキンケア

では、一体どうしたら豊かな表情はそのままに、表情ジワを改善することができるのでしょうか。

シワを改善する薬用化粧品でスキンケア

毎日のスキンケアに「保湿」は大切です。保湿を怠ってしまうと、乾燥から肌のバリア機能が低下して、浅い小ジワ(ちりめんじわ)や肌荒れの原因となるためです。

しかし、真皮の衰えによる表情ジワは、乾燥が直接的な原因ではないので、いくら保湿をしっかり行っていても消えることはありません。表情ジワのスキンケアは、真皮にまで浸透してコラーゲンやエラスチンの減少に歯止めをかけるアプローチが必要なのです。

そこで注目したい成分が、2016年に日本で初めて「シワを改善する効果がある」として、医薬部外品の有効成分の認可を受けた「ニールワン」です。

ニールワンが真皮のシワを改善するメカニズム

ニールワンとは、真皮にまで浸透してシワを改善する成分です。

表情ジワができやすい部位は、皮ふの折れ曲がりによって、日々微弱な炎症を繰り返している状態です。この微弱な炎症が繰り返されていることで、体はその部分に傷ができたと勘違いし、好中球(白血球の一種)が集まってきます。

このとき好中球が傷と認識した組織を早く排出しようとして、放出するのが「好中球エラスターゼ」。好中球エラスターゼには、コラーゲンなど真皮の構成成分を分解する作用があります。つまり、表情ジワが定着してしまう背景には、好中球エラスターゼの過剰生産が関係しているのです。ニールワンは、好中球エラスターゼの活性を抑えることで、表情ジワを改善することができます。

このニールワンは、「シワグレード」が3〜5のシワの改善にも効果が期待できます。シワグレードとは、日本香粧品学会が定めたシワ測定のガイドラインのこと。シワがまったくないグレード0から、著しく深いシワが認められるグレード7までの8段階が設定されています。グレード3は明瞭な浅いシワが認められる状態、グレード5はやや深いシワが認められる状態を意味しますので、幅広いシワの悩みを解消してくれるのではないでしょうか。

表情ジワ対策は予防も大事

シワの改善効果が認められた薬用化粧品が誕生したことは、多くの女性にとって朗報ですよね。ただし、そうした化粧品は、基本のスキンケアをきちんと行ってこそ効果を発揮します。表情ジワ対策には、日々のこまめな保湿や紫外線対策も重要です。

保湿ケアでバリア機能を整える

スキンケアの基本ともいえる保湿ケア。肌のバリア機能を整えて、真皮へのダメージを抑えることができます。

表皮のいちばん外側にある角層には、紫外線やほこり、ちりなどから肌を守るバリア機能としての役割があります。しかし、角層の水分量が低下して肌が乾燥すると、このバリア機能も低下。紫外線などによって炎症を起こしやすくなります。さらに角層が乾燥すると肌表面の柔軟性が失われ、表情のクセも付きやすくなるので注意したいものですね。

角層のバリア機能を整えるには、洗顔後の朝晩のスキンケアで、しっかり保湿することが重要です。化粧水と乳液を使用し、うるおい不足が気になるときには保湿美容液やクリームもプラスしましょう。

保湿スキンケアのポイントは、メーカーがすすめる使用量をきちんと守って使うこと。使用量が少ないと、肌に必要なうるおいが行き渡らず乾燥の原因になります。

真皮に進入する紫外線をブロック

紫外線は真皮にまで侵入し、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えてしまいます。健康的な美肌づくりには、紫外線対策が欠かせません。

紫外線は春〜夏の晴天時に降り注いでいるイメージがありますが、実は1年中、雨の日も曇りの日も降り注いでいることをご存知ですか?この紫外線による肌へのダメージが長年蓄積すると、後にシミやシワとなってしまうことも。そのため、ゴミ出しや洗濯物干し、近所への買い物など、ちょっとした日常の外出でも日焼け止めは必須です。

表情のシワをクセづける生活習慣も見直そう

普段、何気なくしている行動や習慣が、表情ジワをクセづけてしまっていることも。こちらでは、そんなNG習慣をご紹介します。少し意識するだけで、今後できるシワが大きく変わるかもしれませんね。

度の合わないメガネやコンタクトレンズ

視力に合わないメガネやレンズを使用し続けていると、見えづらいときに無意識に目を細めてしまい、眉間のシワの大きな原因になります。視力低下や眼精疲労にもつながるので、一度きちんと見直すことが大切です。

目もとをひっぱる・こする

目の周りの皮膚は、顔の中でもっとも薄くてデリケート。アイメイクをするときに目もとをひっぱったり、かゆいときやメイクを落とすときにゴシゴシこすったりすると、シワができやすくなります。

落ちにくいアイメイクをしている人は、目もと専用のポイントメイクリムーバーを使い、やさしく丁寧に落とすことを心がけましょう。

まとめ

シワはセルフケアでも改善が期待できる時代です。真皮にまで浸透してシワを改善する薬用化粧品を試してみてはいかがでしょうか。さらに、保湿ケアやUVケアなど予防対策もきちんととり入れて、いつまでも自信あふれる笑顔と、すこやかな美肌を手に入れましょう。

今すぐ読みたい

「しわの種類と原因」の関連情報