部位別のしわ
2018.10.18

眉間にシワができる原因と対策|深いシワを改善する方法

年齢を重ねると気になることの一つに、「眉間にできるシワ」があります。眉間にはどのようなしくみでシワができてしまうのでしょうか。眉間のシワを予防・改善して若々しい表情をキープするための方法についてもご紹介します。

眉間のしわ

目元・口元のシワと並んで、できてしまうと気になるのが眉間のシワです。仕事で書類とにらめっこをしたり、考えごとをするときについ眉を寄せてしまい、気づかない間にシワをつくっているかも…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

眉間のシワを毎日のスキンケアで予防できたり、目立たなくできたら嬉しいですよね。眉間にシワができる原因やしくみ、予防法や改善方法をきちんと把握し、いつまでも素敵な笑顔をキープしていきましょう。

眉間のシワの原因とは?

眉間にシワができる原因はいくつかあります。まずはそれぞれについて解説していきましょう。

表情のクセ

眉間にできるシワの多くは、何度も同じ表情を繰り返すことで皮膚に折りグセができる「表情ジワ」といわれるものです。肌のハリが低下すると、次第に折りグセが深く刻まれるようになってしまいます。

特に眉間は、目の前のものをよく見ようとして目を細めたり、考えごとをしたり、ストレスを感じたときなどによく力を入れる部分。眉を寄せるたびに凹凸ができ、それがシワとして定着されやすいのです。

肌のハリ・弾力の低下

肌(皮膚)は、外側から表皮・真皮・皮下組織という順番で並んでいます。このうち表皮の奥にある真皮では、コラーゲンやエラスチンという線維状のタンパク質が弾力のあるネット状の構造を作り、表皮を支えながら肌のハリや弾力を生み出しています。

しかし、このコラーゲンやエラスチンが減少・変性すると、肌のハリや弾力が低下。さらに、皮膚の折りグセを元に戻すことができなくなり、シワが発生してしまいます。コラーゲンやエラスチンの減少・変性には、加齢や紫外線による影響が大きく関わっています。

加齢による線維芽細胞の衰え
真皮にはコラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞がありますが、年齢を重ねるごとにこの働きが衰え、コラーゲンやエラスチンの産生量が減少します。
紫外線による肌へのダメージ
紫外線は真皮まで届き、線維芽細胞にダメージを与えてコラーゲンやエラスチンの産生量を減少させます。また、コラーゲンやエラスチンを変性させて、真皮の構造を弱らせます。

好中球エラスターゼによる真皮の分解

最近になって、表情グセによるシワの発生には「好中球エラスターゼ」も大きく関係していることがわかってきました。

好中球エラスターゼとは、体内で傷を受けた場所に集合した好中球(白血球の一種)が放出する酵素のこと。この酵素は本来、ダメージを受けた細胞を分解し、傷ついた組織の回復を早めるために使われます。

しかし、好中球は表情による皮膚の折りグセを「傷」と認識して、好中球エラスターゼを放出してしまうことがあります。それにより、コラーゲンやエラスチンといった真皮の構成部分が分解され、シワが悪化してしまうことがあります。

肌の乾燥

肌の乾燥も、眉間のシワを悪化させる原因です。表皮のもっとも外側にある角層は、うるおいを蓄える構造によって紫外線などの外的刺激から肌を守る「バリア機能」を担っています。しかし角層の乾燥が進むと、肌は硬くゴワつくようになり、細かいシワや浅いシワができやすくなります。同時にバリア機能も低下し、紫外線によるダメージを受けやすくなってしまいます。

眉間のシワを予防するケア方法

これまで眉間にシワができやすい原因についてご紹介しましたが、この内容を踏まえて、シワ予防のケア方法についてみていきましょう。

表情のクセに注意する

眉間にできるシワの多くは表情のクセが原因なので、まずは日ごろのクセに注意することが大切です。表情は無意識に動かしてしまうことも多いですが、なかには工夫次第でなおせるものもあります。

たとえば、視力の低下により眉間にシワを寄せてしまう場合、自分の視力に合ったメガネやコンタクトを使用するのがよいでしょう。仕事で長時間パソコンを使用する場合は、ときどき目を大きく見開いたり、遠くの景色をぼーっと見るなどして、眉間の緊張をほぐすことも大切です。

筋肉のコリをほぐすマッサージ

コリ硬まった眉間の筋肉の緊張を緩める方法として、血行マッサージを取り入れるのもよいでしょう。

クリームなどを塗って指のすべりをよくしてから、やさしい力でつまんだり、指の腹で円を描くなどして肌や筋肉をほぐしていきます。眉間だけでなく、眉の上やこめかみなどにも行いましょう。ただし、顔のマッサージは強すぎるとかえって皮膚にダメージを与えてしまいます。あまり皮膚を引っ張らないように、やさしいチカラ加減で行いましょう。また、マッサージは無理に行なう必要はなく、気分転換に取り入れる程度で問題ありません。

紫外線対策

紫外線は季節や天候を問わず降り注いでいます。日焼け止めやUV効果の高い化粧下地などを通年使用し、眉間を紫外線から守りましょう。

日焼け止めを使うときは、まず手のひらに適量を取り、両頬・額・鼻・あごにおいて顔の隅々までなじませます。さらにもう一度重ねづけした後、首から襟足にも数か所のせて軽く広げながらなじませ、最後に下から上に向かってしっかりなじませます。汗をかいた後や日焼けしやすい部分、紫外線に敏感な方は2~3時間おきにつけ直すようにしましょう。

毎日の保湿スキンケア

眉間やTゾーンは皮脂の分泌が多く、乾燥しにくい部分と思われるかもしれませんが、毎日の保湿ケアは大切です。角層から水分が失われてしまうと、肌を乾燥や紫外線などから守っている「バリア機能」も低下してしまいます。

朝晩のスキンケアでは、化粧水と乳液を使用し、眉間を含めた顔全体にうるおいを与えましょう。化粧品を使うときは、商品のパッケージなどにかかれた使用量をきちんと守って使うことがポイントです。うるおい不足が気になるときは、保湿効果の高い美容液やクリームもプラスするとよいでしょう。

できてしまったシワには、「シワ改善」化粧品を

近年、「シワを改善する」という効能効果が認められた医薬部外品の薬用化粧品が登場するようになりました。すでにできている眉間のシワが気になるときは、こうした薬用化粧品を朝晩のスキンケアに取り入れるのもおすすめです。

医薬部外品の「シワを改善する」有効成分は、現在までにニールワン、純粋レチノール、ナイアシンアミドの3つが認められています。それぞれについてご紹介しましょう。

ニールワン

4つのアミノ酸誘導体を合成した成分。真皮まで浸透し、コラーゲンなどの真皮成分を分解する好中球エラスターゼの働きを抑制します。国内で初めて「シワを改善する効果がある」と厚生労働省から承認された成分です。

純粋レチノール

純粋レチノールは表皮のヒアルロン酸の産生を促し、水分量を増やすことで、肌表面にハリと柔らかさを生み出し、シワを改善します。

ナイアシンアミド

ナイアシンアミドはビタミンBの一種で、表皮と真皮に働きかけてシワを改善するといわれています。厚生労働省にシワ改善効果が承認されたばかりですが、そのメカニズムは公表されていません。(2018年9月現在)

まとめ

女性なら誰もが作りたくない、目立たせたくない、眉間のシワ。日ごろから眉間にシワを寄せないように意識するとともに、保湿ケアや紫外線対策を徹底し、シワを予防していきましょう。

また、できてしまった眉間のシワには、医薬部外品の薬用化粧品を使う方法もあります。いつまでも素敵な笑顔で年を重ねていくために、できることから始めましょう。

「部位別のしわ」の関連情報