部位別のしわ
2018.10.18

目もと・目の下のシワを改善したい!気になる原因と対策

顔の印象を決める目もと。その周囲にシワができると、とても気になりますよね。目の下や目尻のシワを改善するには、シワの種類を正しく見極めたうえで適切なお手入れをすることが大切。目もとのシワの原因や対策をご紹介します。

目もとのしわ

目の下や目尻にシワがあると、疲れを感じさせたり、年齢よりも上に見られてしまうことがあります。化粧直しの時に、シワにファンデーションがたまりがちなのも気になりますよね。

この記事では30代以降の目の下や目尻にできるシワの原因を解説したうえで、シワの改善方法やスキンケアを紹介していきます。シワを気にせず、いつも素敵な笑顔でいられるよう、適切なお手入れを続けていきましょう。

目の周りのシワには種類がある

私たちの肌は、外側から表皮・真皮・皮下組織という構造になっています。シワは一般的に、表皮の表面にできる浅いシワ、真皮が衰えることでできる深いシワ、表皮・真皮に脂肪を含んだ皮下組織を加えた肌全体が下がることで起こる、たるみの3つに分けることができます。

そして目の周りにできるシワは、主に以下の3種類があります。

目もと全体に出る乾燥小ジワ

目の下や目尻など、目もと全体に出る小ジワ・ちりめんじわは「表皮の乾燥」が原因です。肌表面の角層から水分が失われて縮み、キメが乱れて起こります。

目尻に出る笑いジワ

目を細めて笑うと目尻に現れるシワは、表情ジワの典型例です。表情ジワとは同じ表情を繰り返すことで、皮膚に折りぐせができたものです。肌のハリが低下すると、次第に折りぐせが深く刻まれるようになります。

たるみで目立つ目の下のシワ

表皮の奥の真皮では、コラーゲンとエラスチンというタンパク質の線維が網の目のように張りめぐらされることにより、肌のハリや弾力を生み出しています。コラーゲンやエラスチンが減少する「真皮の衰え」に加えて、目の周りの筋肉が衰えて皮膚や皮下脂肪を支えられなくなることで、皮膚がたるみ、目の下の凸凹が目立つようになります。

シワができてしまう原因とは?

シワにもいくつかの種類があることがわかりましたが、ではシワはなぜできてしまうのでしょうか?シワができてしまう大きな原因は6つあります。この6つの原因について詳しく解説していきます。

肌の乾燥

目の周りの皮膚は薄く、皮脂の分泌が少ないため乾燥しやすい部位です。外気の乾燥や紫外線の影響、間違ったスキンケアなどによって表皮の角層から水分が奪われると、小ジワやちりめんじわの原因になってしまいます。

こするなどの皮膚への刺激

クレンジングや洗顔のときのゴシゴシ洗いや、アイメイクのときの皮膚をひっぱる・強く塗り込むなどの刺激、起きぬけにまぶたや目もとをグリグリこするなどのくせは、角層を傷つけて乾燥を進ませる原因となります。

加齢による肌の衰え

年齢を重ねると真皮でコラーゲンやエラスチンを産生している線維芽細胞の働きは衰えてしまいます。これによって肌内部の弾力性が低下し、深いシワの原因となります。

紫外線による肌へのダメージ

地表に届く紫外線には、主に表皮に作用するB波(UV-B)と、真皮まで到達するA波(UV-A)の2種類があります。

UV-Bは日焼けの原因となるほか、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を乱して表皮の角層から水分を奪い、乾燥小ジワを引き起こします。またUV-Aは真皮のコラーゲンやエラスチンにダメージを与えてハリ・弾力を低下させ、真皮性の深いシワの原因となります。

眼輪筋の衰え

目の下のたるみは、真皮の衰えのほかに、目の周りを取り囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)という表情筋が衰えることにより悪化することがあります。

好中球エラスターゼによる真皮の分解

最近ではシワの発生に、白血球の一種である好中球が出す好中球エラスターゼが関与していることがわかってきました。好中球エラスターゼとは、好中球が傷の周囲で放出する酵素です。この酵素は本来、ダメージを受けた細胞を分解し、傷ついた組織を早く回復させるために役立ちます。

しかし好中球は表情による折りぐせや、紫外線を浴びることでできた小さな炎症までも「傷」と勘違いし、好中球エラスターゼを過剰に放出。その結果、真皮のコラーゲンやエラスチンの分解が進み、真皮構造が崩れてシワの原因になることがあります。

気になる目のシワの予防・改善方法

目の下や目尻のシワを改善していくにはどのような対策をしていけばよいのでしょうか?気になる目のシワの改善方法について詳しく解説していきます。

しっかりと保湿ケアを

シワの原因となる乾燥から肌を守るためには、毎日の丁寧な保湿ケアが大切です。適量の化粧水や乳液をやさしくなじませ、うるおいが足りないと感じたら重ねづけしましょう。コットンに化粧水をたっぷり含ませて肌に5分ほど載せるローションパックや、保湿成分や油分を高配合した目もと専用のアイクリームを使うのもおすすめです。

紫外線対策

紫外線はUV-AもUV-Bも、目もとの皮膚にダメージを与えます。日ごろから日焼け止めやUVカット効果のある化粧下地・ファンデーションなどで紫外線を防ぎましょう。日射しの強い夏は、サングラスや帽子、日傘を活用するのもおすすめです。

シワ改善化粧品を使用する

目もとにできてしまった真皮性の深いシワや、目尻の表情ジワには、「シワ改善」効果が認められた薬用化粧品を使うのもおすすめです。2016年に医薬部外品の有効成分として国内で初めて認められたニールワンという成分には、シワの原因の1つである好中球エラスターゼの分解作用を抑える働きがあります。

目もとの血行をよくするマッサージ

マッサージや蒸しタオルで目もとの血流を促すと、代謝が活発になり肌の乾燥を防いで小ジワ予防に役立ちます。簡単な手順をご紹介しますね。

1. まず始める前に蒸しタオルで数分間、目もとを温めます。

2. 次に人差し指と中指の腹を目の下のくぼみに当てます。

3. そのまま2本の指の腹を目頭から目尻へと優しくなでるように滑らせます。

4. 人差し指と中指を使って眉の上下を挟むようになでます。

デリケートな目もとは、強い摩擦がシワやたるみの原因になってしまうことがあります。マッサージするときは、クリームなどで指の滑りをよくしてから、やさしいタッチで行いましょう。

眼輪筋を鍛えるエクササイズ

目の周りを取り囲む眼輪筋を鍛えることで、ハリのある目もとを回復したり、血流を促す効果が。朝晩のスキンケアの最後に以下のエクササイズを5セットほど、行ってみてください。

1. 目を軽く閉じ、少しずつまぶたにギュッと力を入れます。

2. 1の状態を5秒間キープしたら、少しずつ目の力を抜いていきます。

3. 眉を上げ、目をパッと見開きます。

4. 見開いた状態を5秒間キープしたあと、少しずつ目の力を抜き、自然な状態に戻します。

まとめ

目の下や目尻は、表皮の乾燥によるものから表情のくせによるもの、真皮性のものなどさまざまな種類があります。

日ごろからシワの種類にあわせて保湿ケアや紫外線対策、シワ改善効果のある薬用化粧品、マッサージやエクササイズなどを取り入れ、若々しくすっきりとした目もとをキープしていきましょう。

「部位別のしわ」の関連情報