セルフケア
2018.10.18

放っておくとシワやたるみに。正しい紫外線対策とは

正しい紫外線対策、できていますか? シミやシワ、たるみのもとになる紫外線。効果的な日焼け止めの選び方や、いまさら聞けない紫外線の素朴なギモンを解消して、シミやシワのない若々しい肌をキープしましょう!

紫外線を気にする女性

シミはもちろん、シワやたるみの原因にもなる紫外線。夏だけでなく、1年を通して紫外線対策を行うことの大切さは、もはや周知の事実ですよね。とはいえ、「紫外線対策をしているのに、小さなシミらしきものがでてきた…」という方もいるのではないでしょうか。

そんなときは、対策の見直しどき! まずは紫外線の性質を知り、正しい紫外線対策に役立てましょう。

紫外線の種類

地上に届く紫外線は、波長の違いによってUV-AとUV-Bに分けられます。まずは、それぞれの特徴についておさらいしましょう。

紫外線A波(UV-A)

波長の長いUV-Aは、肌の奥の真皮まで到達する紫外線です。真皮にはハリや弾力の源になる、コラーゲンとエラスチンという線維状のタンパク質が存在していますが、UV-Aはこれらの線維を変性させてしまいます。その結果、シワやたるみといった肌の老化現象を引き起こします。

UV-Aには窓ガラスや厚い雲も通り抜ける性質があり、暮らしのなかで知らず知らず浴びてしまうことから「生活紫外線」とも呼ばれています。

紫外線B波(UV-B)

UV-Bは波長が短く、エネルギーが強い紫外線です。主に表皮と呼ばれる肌の表面にダメージを与え、日焼けの原因になることから、「レジャー紫外線」と呼ばれています。特に真夏のUV-Bは、肌を赤く炎症させる(サンバーン)ため、軽いやけどのような状態になることもあります。

UV-Bはさらに、色素細胞(メラノサイト)を刺激し、メラニン色素を作り出します。このメラニン色素が肌に蓄積されると、シミになってしまいます。

紫外線対策に日焼け止めが欠かせない理由

紫外線は、日傘や帽子だけで防ぐことはできないのでしょうか?

紫外線には、地表にまっすぐ降り注ぐ「直射光」と、大気で散乱した「散乱光」があります。散乱光は人や地表、建物に反射して四方八方から肌に届きます。直射光は日傘や帽子でも防ぐことができますが、散乱光を防ぐためには、日焼け止めは欠かせないアイテムと言えるのです。

効果的な日焼け止めの選び方

店頭に並んでいる日焼け止め、どれが自分の生活シーンに合っているのか、よく考えずに選んでいませんか? パッケージには日焼け止めを選ぶときの参考となる2つの数値が記載されています。

SPF

SPFとは、Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略で、UV-Bを防ぐ効果を表しています。最高値は50で、50以上のものは50+と表示されています。何も塗っていないときにサンバーン(日焼けによる皮ふの赤い炎症)を引き起こす最小のUV-B量に比べて、何倍のUV-B量から肌を守れるか、という目安になります。

PA

PAとは、Protection Grade of UVA(プロテクショングレードオブUV-A)の略で、UV-Aを防ぐ効果を表しています。+~++++の4段階でレベルを表示し、+が多いほど効果が高くなります。「PA+」であれば「UV-A 防止効果がある」、「PA++」であれば、「UV-A 防止効果がかなりある」、「PA+++」であれば、「UV-A 防止効果が非常にある」、「PA++++」であれば、「UV-A 防止効果が極めて高い」ということになります。

SPFとPAは使用シーンに合わせて選ぶ

紫外線は1年中降り注いでいますが、活動する季節や過ごす環境・時間の長さによって、浴びる量は異なります。日焼け止めを選ぶときは、使用する生活シーンを考慮することがポイントです。なお、生活シーンに応じたSPFとPAの選び方は、以下のとおりです。

日常生活(散歩や買い物、通勤など)
SPF20前後、PA++
屋外での軽いスポーツやレジャー
SPF30前後、PA++~+++
炎天下でのレジャー、マリンスポーツ、スキー場
SPF50または50+、PA++++

日焼け止めの正しい塗り方をマスター

生活スタイルに合った日焼け止めを選んでも、塗り方を間違えると効果が半減してしまうことがあります。正しい塗り方のポイントをおさえましょう!

1.使用量を守る
日焼け止めを塗るときに一番大切なのは、顔全体にムラなく肌に均一に広げること。使用量が少ないと塗りムラがでてしまいます。パッケージの表示などで適量をチェックしましょう。
2.顔に5点置きする
顔に塗るときは、まず適量を手に取ってから、両ほお、額、鼻、あごに5点置きします。そのあとは、中指と薬指を使って、少しずつ丁寧にのばします。
3.重ね塗りする
顔のすみずみまでなじませた後は、紫外線があたりやすい頬骨、こめかみ付近などに念のため重ね塗りをしておくと安心。意外に塗り忘れしやすい、髪の生え際やフェイスライン、うなじなども忘れずになじませましょう。

今さら聞けない!?紫外線対策の素朴なギモン

実際に日焼け止めを購入したり、使用したりといった段階になると、まだまだ気になることがありますよね。そんなギモンにお答えします!

ノンケミカルってなんのこと?

日焼け止めには「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」などと表示されていることありますよね。これらは、どんな日焼け止め成分を使用しているかを意味しています。

日焼け止め成分は、大きく「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類に分けられます。

紫外線吸収剤
肌の上で紫外線を吸収し、化学反応によって熱エネルギーに変えることで、紫外線の影響を防いでくれるタイプの成分です。のびがよくサラッとした使用感の日焼け止めによく使われています。
紫外線散乱剤
粉体によって紫外線を肌の上で物理的に反射させる成分です。化学反応を起こさないので、ノンケミカルと呼ばれることがあります。クリームタイプや乳液タイプによく使われています。

それぞれ使用感が異なるので、サンプルやテスターを使って、自分に合った日焼け止めを見つけましょう!

化粧下地を使えば日焼け止めは必要ない?

多くの化粧下地が、紫外線カット効果を備えていることはもちろん知っていますよね。ただし、化粧下地の基本的な塗り方は、顔の立体感に合わせて「中心多め・外側少なめ」。フェイスラインまで均一に塗ると、厚塗りに見えてしまうためです。しかしこの塗り方では、紫外線対策としてはやや心配ですよね。

汗や皮脂によって落ちてしまうこともあるため、特に気温や湿度が高くなる夏は、日焼け止めと下地の併用がおすすめ。日焼けとシミ・シワをしっかり防ぎたいものですね。

メイクしているときに日焼け止めを塗り直すには?

「日焼け止めは小まめに塗り直しましょう」という注意はよく聞きますが、メイクしているときは難しいですよね。

そんなときは、パウダーファンデーションでのメイク直しがおすすめ。パウダーファンデーションは粉体でできているので、物理的に紫外線をはね返してくれます。化粧直しをこまめにすれば、紫外線対策にもなるのです。

丁寧な保湿ケアで、紫外線に負けない肌に!

表皮のいちばん外側にある「角層」には、紫外線などの外的刺激から肌を守るバリアとしての役割があります。バリア機能が正常なはたらきをするためには、角層に水分をキープする保湿物質が十分にあり、うるおっている状態を保つ必要があります。そのためスキンケアでは、水分だけでなく保湿成分をしっかり補うことがポイントです。

乾燥しやすい季節は、化粧水と乳液を使用する基本のケアに加えて、保湿成分を高濃度で配合した保湿美容液を、化粧水のあとにプラスするのがおすすめです。

まとめ

紫外線の種類や性質、日焼け止めに表示された数値の意味、効果的な日焼け止めの塗り方などをご紹介しました。紫外線は夏ばかりでなく1年中降り注いでおり、しかも窓ガラスや厚い雲を透過してしまう性質のものもあります。冬だから、曇りの日だから…と油断せず、きちんと対策をすることが大切です。

また、夜には保湿ケアもしっかり行うことで、肌をすこやかに保ち、紫外線に負けないハリのある肌をキープしていきましょう。

今すぐ読みたい

「セルフケア」の関連情報