セルフケア
2018.11.30

ほうれい線の原因と対策方法!正しいケアで美肌を取り戻す

年齢とともに気になり始めるほうれい線。その原因には真皮の衰えなど自分ではケアが難しそうなものもありますが、正しい方法で対策すれば悪化を防ぐことができます。ほうれい線の原因と、それに合わせた正しい対策をご紹介します。

ほうれい線対策をする女性

電車の窓に映る自分を見たとき、ほうれい線に気づいてドキッとすることがありますよね。どんなケアを行うべきかわからず、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

この記事では、ほうれい線が目立つ原因と、効果的な対策についてご紹介します。ハリのある肌で、上向きな毎日を過ごしましょう。

ほうれい線の原因

ほうれい線が目立つ原因として、主に「真皮の衰え」と「表情筋の衰え」があげられます。

真皮の衰え

肌は上から順に、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。真皮はふっくらとした肌の土台を築いている部分。コラーゲンとエラスチンが網目状の構造をつくり、その隙間をゼリー状のヒアルロン酸が埋めています。これらの成分が十分に産生されていると、表皮をしっかり支えることができ、肌にハリや弾力が感じられます。

ところが年齢とともに、コラーゲンなどを生み出す力が低下。また長年浴び続けてきた紫外線ダメージによって、コラーゲンが徐々に変性していきます。その結果、真皮の構造が崩れ、表皮を支えることができず、重力に従ってたるみに…。特に、頬や口周りの皮膚がたるんでくると、ほうれい線がくっきり目立つようになります。

表情筋の衰え

皮下組織の下には表情筋があり、喜怒哀楽などの表情をつくりだしています。身体の筋肉と同様に、表情筋の筋力も年齢を重ねるにつれて低下。皮下脂肪を支えられなくなり、たるみやほうれい線が現れるようになります。

表情筋の衰えは加齢だけが原因ではありません。表情を動かす機会が少ないと、表情筋を動かす力は低下していきます。そのため、普段から人と話す機会が少なかったり、無表情でいることが多かったりすると、ほうれい線が目立ってしまいがちです。

では、ほうれい線を目立たなくするには、どのようなケアが効果的なのでしょうか。

ほうれい線を目立たなくする方法

市場には「ハリを与えるエイジングケア化粧品」が続々登場していますよね。ですが、一般的な化粧品が肌に作用するのは、表皮のいちばん外側にある「角層」まで。真皮や表情筋まで浸透することはありません。

そこで、真皮まで浸透してシワを改善する効果が認められた薬用化粧品や、表情筋を動かすエクササイズが、対策のひとつになります。

シワを改善する美容液を使う

2016年までは、シワを改善する化粧品は市場に存在しませんでした。しかし、2016年7月にニールワンという成分が、日本で初めて「シワを改善する医薬部外品有効成分」として承認されています。

ニールワンがシワを改善できる理由は、コラーゲンなどの真皮成分を分解する酵素「好中球エラスターゼ」の働きを抑制するため。

好中球エラスターゼは本来、傷ができたときに異物を分解して、早く修復するために好中球(白血球)から放出されるもの。ところが好中球は、紫外線や表情のクセによって起きた微弱な炎症を傷と勘違いして、好中球エラスターゼを放出してしまことがあるのです。

ニールワンが好中球エラスターゼの働きを抑えることにより、真皮成分の減少量よりも産生量が上回るように。自然にシワを改善することができます。

真皮の衰えは、ほうれい線の原因のひとつ。シワ改善美容液での効果が期待できるかもしれませんね。

表情筋エクササイズ

筋肉をよく動かせば、筋力アップが期待できます。表情筋のエクササイズを取り入れて、ほうれい線が目立たない肌を目指しましょう。簡単にできる2ステップのエクササイズをご紹介します。

ベロまわしエクササイズ
舌先を唇と歯の間に入れ、歯茎に沿わせるように時計回り・反時計回りで5回ずつゆっくり動かす。
ペットボトルエクササイズ
1.小さいペットボトルに少量の水を入れて、唇でくわえる
2.持ち上げたら10秒キープして下ろす

歯を使わずに唇でくわえることがポイント。3回を目安に行いましょう。あごに異常があるときは行わないでくださいね。

表情筋エクササイズには、これ以外にもさまざまな方法があります。ただし表情を大きく動すエクササイズは、シワの原因になることもあるので避けましょう。

ほうれい線を予防するスキンケア

ほうれい線は、目立ち始める前に予防することも大切です。予防のためのスキンケアは、とくに難しいことはありません。肌を丁寧に保湿して、紫外線から肌を守る基本のケアを、コツコツと継続していきましょう。

適量を守ってやさしく保湿

肌がみずみずしくうるおっていると、肌内部から水分が蒸散するのを防ぎ、外部から細菌やアレルゲンが侵入するのを防ぐ「バリア機能」が働きます。保湿ケアの基本となる化粧水と乳液は、適量を守って使うことが重要。

化粧水で肌にうるおいを与えながら、柔軟にしてきめを整え、次に使う化粧品のなじみをアップ。乳液には油分を補うだけではなく、与えた水分を閉じ込めて保つ役割があります。

またしっかり浸透させたいからといって、肌をバシバシ叩くようにパッティングしたり、擦り込んだりするのは厳禁。炎症を起こしてシワの原因になることがあります。力を入れずにやさしくなじませましょう。

紫外線対策は年中無休

紫外線はほうれい線だけでなく、シワやたるみ、シミなど、肌の老化を引き起こす大きな原因。季節や天候にかかわらず降り注いでいるので、1年を通しての対策が必要です。窓ガラスを透過することもあるので、室内であっても日焼け止めなどを塗っておくことをおすすめします。

日焼け止めの量が少なすぎると、ムラになり効果をしっかり発揮できません。パッケージなどで使用量を確認して、適量を使いましょう。両頬、おでこ、鼻、あごの5点に日焼け止めを置き、顔の中心から外側に向けて塗り広げます。首やデコルテ、耳の後ろなどにも忘れずに。

なお皮脂などの影響でメイクが崩れると、日焼け止めや下地も一緒に落ちてしまいます。メイクが崩れたらそのままにせず、ファンデーションやフェイスパウダーなどを重ねて、紫外線から肌を守りましょう。

フェイスマッサージ

血行やリンパの流れを促進するマッサージを行うことで真皮を活性化し、ほうれい線の予防効果が期待できます。乳液や美容液などを塗るときに行えば、無理なく手軽に続けられますね。次のポイントを意識して行ってみてください。

  • 力を入れずに優しく行う
  • 指を動かすときは、顔の中心から外側に向かい、円を描くように
  • 皮膚の薄い目元は、目頭から目尻に向かってそっとなでる程度に
  • 乳液や美容液が肌に浸透し、指のすべりが悪くなったら終了する

まとめ

皮膚のたるみによってできるほうれい線は、できてしまうと改善が難しいもの。毎日のスキンケアやエクササイズなどで予防が大切です。シワ改善効果が認められた、薬用化粧品でのケアも取り入れてみてはいかがでしょうか。

いつでも微笑んでいるような、キュッと口角が上がった若々しい肌を目指したいですね。

今すぐ読みたい

「セルフケア」の関連情報