しわに効果的な成分
2018.11.30

ヒアルロン酸の美容効果|どんな成分?肌への効果は?

顔にできるシワの改善方法として、ヒアルロン酸を注射することがあります。ヒアルロン酸とは、肌にどのような効果をもたらしてくれる成分なのでしょうか。ヒアルロン酸の特徴と、注射や化粧品で得られる効果についてご紹介します。

ヒアルロン酸の効果について

シワは、大人の女性を悩ませるやっかいなもの。シワを作らせないよう、増やさないようにスキンケアに力を入れているという人も多いことでしょう。一方で、できてしまったシワに悩んで、美容皮膚科などでヒアルロン酸の注射を検討している人もいるのではないでしょうか。

ヒアルロン酸とはどのような成分で、どのような働きをしているのでしょうか。また、注射や化粧品で補うとどのような効果があるのでしょう。わかりやすくご説明します。

ヒアルロン酸とシワの関係

肌は、外側から表皮・真皮・皮下組織の3つに分けることができます。表皮はうるおいを保つとともに、紫外線やホコリ、ウイルスなどの異物の侵入を防ぐ働きがあります。また、真皮には、ハリや弾力を生み出して表皮を支え、ふっくらとした肌の土台を作る役割があります。

ヒアルロン酸とは、真皮を構成する成分のひとつです。まずはヒアルロン酸が真皮でどのような働きをしているのか、シワの発生メカニズムと合わせてご紹介します。

シワは真皮の衰えが原因

真皮の約7割を占めるのは、コラーゲンという線維状のタンパク質です。コラーゲンが網の目のような構造を作ることで、肌のハリや弾力を生み出しています。

コラーゲンが紫外線などの影響で変性したり、加齢によって生産量が減少したりすると、網の目のしなやかな構造が失われ、肌のハリ・弾力が低下。表皮を支えられなくなり、深いシワができやすくなってしまいます。

真皮のすき間を埋めるヒアルロン酸

ヒアルロン酸はコラーゲンによって作られた網の目構造の内部を満たすゼリー状の物質です。粘弾性があり、真皮の構造を保つ働きがあります。ヒアルロン酸もコラーゲン同様、加齢によってその生産量は減少してしまいます。

深いシワやたるみが発生する背景には、コラーゲンやヒアルロン酸の減少が関係しています。真皮の衰えを補う方法として有効なのが、ヒアルロン酸注射です。

ヒアルロン酸注射の効果と費用

シワやたるみの気になる肌にヒアルロン酸を注射することで、肌をふっくらとさせ、シワを目立たなくすることができます。特に目尻のシワや目の下のクマ、ほうれい線の改善などに用いられます。

ヒアルロン酸注射は、皮膚科や形成外科、美容皮膚科などの医療機関で行われる施術です。10~15分ほどの所要時間で施術は完了します。術後に腫れることもほとんどないので、施術したその日からメイクすることも可能。アレルギーが起こりにくく、いずれ肌に吸収されるのが特徴です。

ヒアルロン酸注射は、浅いシワよりもほうれい線のような深いシワに対して大きな効果を発揮します。また、およそ半年ほど効果が持続するといわれています。

化粧品成分としてのヒアルロン酸は保湿がメイン

ヒアルロン酸は化粧品にも使用される、人気の成分です。肌によくなじみ、保水力が高いことから、肌表面の角質層の保湿などを目的として配合されています。

ただし、ヒアルロン酸は分子が大きく、化粧品で塗っても真皮まで浸透することはありません。そのため、真皮の衰えによってできたシワを目立たなくすることはできません。ヒアルロン酸を化粧品で補うときは、肌の乾燥を防いだり、表皮の浅い小ジワを目立たなくしたりする目的で使用するとよいでしょう。

ホームケアでシワを改善する方法

では、化粧品で深いシワは改善できないのでしょうか。近年は「シワを改善する」効果がある医薬部外品の薬用化粧品も登場しています。

医薬部外品とは、病気の治療を目的とする医薬品と、肌をきれいにする化粧品の中間に位置するもの。特定の効能効果が認められた有効成分が配合されています。

「シワを改善する」薬用化粧品の有効成分の例をあげると、「ニールワン」という成分があります。ニールワンには、真皮まで浸透し、真皮でコラーゲンなどのタンパク質を分解する「好中球エラスターゼ」の働きを抑える効果があります。コラーゲンの分解を防ぐことで、生成量が上回り、肌本来の力によってシワを改善する効果が期待できます。

ニールワンは、日本香粧品学会が定めた抗シワ製品の評価試験ガイドラインにおいても、グレード0(シワはない)からグレード7(著しく深いシワが認められる)の8段階において、グレード3(明瞭な浅いシワ)からグレード5(やや深いシワ)までのシワに有意性が得られています。

気になるシワをホームケアで改善したいというときは、こうした「シワ改善」効果のある薬用化粧品を使うのもよいでしょう。

まとめ

ヒアルロン酸は私たちの肌の真皮にも存在する成分ですが、加齢などにより減少し、シワやたるみの原因となります。できてしまったシワは、ヒアルロン酸注射を打つことで改善することができます。ヒアルロン酸はさらに、多くの化粧品にも配合されており、保湿成分として表皮にうるおいを与える働きが期待できます。

シワを改善したいときは、上記の方法のほか、「シワ改善」効果が認められた医薬部外品の薬用化粧品を活用する方法もあります。気になるシワを自宅で解決したいときに、選択肢のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

「しわに効果的な成分」の関連情報